天気が悪くなると低気圧で頭痛や体調不良に見舞われる人が増えている

多分本当は、昔から存在していたのかも知れませんが近年は特に、天気が悪くなって来ると頭痛などの症状になる人が増えて来ている様です。

原因は、天気が悪くなる時に下がって行く気圧が原因になっているのですが、気圧の変化などに敏感な人ほどなりやすいので、近年はこのタイプの人が増えていると思って良さそうです、

天気が悪くなると不調になりやすい部分としては関節痛を訴える人も多いですが、この関節痛も基本的には気圧の変化により間接の位置がズレたりするのか?、それとも古い傷跡の事を一時的に思い出して痛いのかは分かりませんが、とにかく何らかの要因がそこにある事は間違い無い様です。

低気圧の時に体調が悪くなるとテンションも低めでダルそうな状態に陥り、普段とは全く違う状況になりやすいかも知れませんが、無理して空元気で過ごすよりは低気圧で体調が悪い事をアピールして過ごした方が気が楽になるのでお勧めです。

低気圧の、天気の悪い日には全くと言って言い程活動が出来なくなってしまう人も居る様ですが、天候が回復して晴れの日になって行くと、あんなに体調が悪そうだった人がまるで生まれ変わったかの様に、または全然違う別人の様に元気になるので、友人や家族にこの低気圧で調子が悪くなる人が居たら、少し観察してみると面白いと思います。

これから、梅雨に入って行くと毎日低気圧で調子が出ない日々が続くと思いますが、時々空元気を発動して頑張って欲しいと思います。

関連記事

  1. 低糖質のおやつ

  2. 予約しないと行かないよね?

  3. 糖質ゼロと糖類ゼロの違い

  4. 一口に筋トレをした方がイイと言われても、どこをトレーニングし…

  5. 低糖質チョコレートはいかが?

  6. 重要!本当のダイエットの始まりのお話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。