01.ダイエットコラム

無理のない食事指導とは?


最近では、ダイエットジムのお食事指導に関しバットイメージがつくような話を聞きます。
それは、あまり知識のないトレーナーによるお食事の指導内容が、

①量がかなり少ない・・・
②カロリーなども制限がある
③夜とかプロテインだけ
④かなり食事内容が厳しい

⑤食事内容が決められている(胸肉200g食べてくださいとか)

というような内容で、どれも耐えきれずやめてしまったという方が多いようです。

もちろん、当ジムにも「前に行っていたジムで失敗して、お食事が頑張れるかが心配です」というようなお客様からのご相談などをうけます。

もちろん、減量する為にはある程度の食事管理と努力は必要となりますが、上記のような指導内容では結果的に健康的に減量することも出来ないです。

なぜなら、人は食べる事でも代謝をするため、①〜③のように量が少なくなるということは代謝が下がり、一時的に減量できても、すぐに停滞してしまいますし、代謝が下がっている事で維持などが難しくなります。

④〜⑤の厳しい食事内容では、栄養の偏りが出てしまい、最初に痩せた時と同じ物を食べ続けているはずなのに痩せないということや、体調不良などをおこす場合があります。

更に、あまりに厳しいとストレスがかかり、逆に痩せないなんて事もありますね。

お客様は十人十色でもあり、一人一人向いている食材なども違いますので、それを見極めてアドバイスするのも私達の役割です。

成功例として、どんなものを食べているか2人の方のお食事を特別にアップしたいと思います。

①北川みき(仮名)さん

(体重-10kg・体脂肪-12%)

②野本良美(仮名)さん

(体重-9kg・体脂肪−9%)

ダイエットとお水前のページ

お客様考案のヘルシーなコンククスの作り方次のページ

関連記事

  1. 01.ダイエットコラム

    1年に2回しかないダイエットシーズンはいつかご存じですか?

    今年はとっくに梅雨も明け、夏が到来!!という事は、1年間で2回…

  2. 01.ダイエットコラム

    ダイエットの停滞期

    今回はダイエットの停滞期について書きたいと思います。いろいろ減らな…

  3. 01.ダイエットコラム

    ダイエット商品の真実

    どーも。カテゴリに悩みましたKUMIです。たまにはちゃんと…

  4. 01.ダイエットコラム

    お客様考案のヘルシーなコンククスの作り方

    お客様が珍しい料理を作られていて掲載の許可を頂いたのでご紹介します(…

  5. 01.ダイエットコラム

    リバウンドしないは嘘?のポップ

    こんにちは!店内ポップを作成しました。最近では「他社様…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの記事

  1. 01.ダイエットコラム

    ダイエットの仕方を考えるよりも、まずダイエットを続ける方法を考えましょう
  2. 06.日常のこと

    ベストボディ横浜大会
  3. 01.ダイエットコラム

    ダイエットと睡眠について
  4. 03.パーソナルトレーニング

    モニター20代女性の結果
  5. 05.3RE≡BODY関連

    訳あって、ガンプラ。
PAGE TOP